顔の気になるホクロ

中学生の頃から顔の鼻の近くにあるほくろで男子からいじられたりしてきました。

 

生活は問題はないけど、合コンでもほくろを最初に見られて、第一印象で損することも・・・。

 

目立たない※安くほくろを除去できるクリニックはどこがいい?

 

ほくろとシミって他人から見ると区別つかない人も多いし、私自身も肌の汚れみたいでとっても気になっていました。

 

それに、ファンデやコンシーラーで隠せないからメイクで邪魔になるし、時間もかかるから早くなんとかしたいなと思いつつも面倒だったんです。

 

 

 

でも、ほくろを取って人生が変わりました!

 

毎朝みる鏡でもほくろがないだけで、外見に自身を持てるように(*´ω`*)

 

自分への先行投資だと思って、思い切って除去して正解でした。

 

 

ほくろのせいで、周りの目がきになったり、人と話すのが嫌になったりして辛い生活を送ってきた人は、はじめの一歩を踏み出して欲しいです。

 

 

ほくろって目立つと、いろんな人に指摘されたりしてストレスにもなるし、

 

 

ほくろを取らないで悩んでいるよりは、取ってしまったほうが気持ちも楽になりますよ。

 

 

 

 

 

コンプレックスがなくなるだけじゃなくて、顔の印象も結構かわりますからね♪

 

 

 

私の場合、写真を撮ったときにほくろが吹き出物やニキビっぽく目立っていたのが無くなったのが大きいです!

 

 

ほくろ除去の料金は?

小さいほくろ(1mm以下)だと3,000円〜10,000円程度、大きくなると高くなります。

 

目立たない※安くほくろを除去できるクリニックはどこがいい?

 

ほくろを小さいまま残しておくと、将来ほくろがもっと膨らんでしまう可能性もあるので、小さいうちに除去しておいたほうが安あがりです。

 

 

ほくろ除去の方法

私が以前にほくろ除去をしたのが、電気メスと炭酸ガスレーザーです。

 

どちらも除去自体は、数分で終わり、施術後に傷跡が残らずに、ほくろを除去できる方法です。

 

目立たない※安くほくろを除去できるクリニックはどこがいい?

 

他に、切開・縫合というのもありますが、術後に目立ってしまうのでちょっと微妙な感じです。

 

炭酸ガスレーザーでほくろ除去

炭酸ガスレーザーは、痛みもなく早く終わります。

 

ほくろによりますが、皮膚の奥までほくろ細胞がある場合は、数回に分けて施術する人もいます。

 

これは、深く削って取ると傷跡や陥没が残りやすいからですね。

 

ほくろを除去したあとからメイクや入浴もOKです。

 

電気メス(電気凝固法)でほくろ除去

電気メスの施術も、数分で終わります。

 

メスというと切開のイメージがありますが、炭酸ガスレーザーに近い感じです。

 

レーザーと違ってほくろをキレイに削り取れるのと、術後の跡を隠すテープは小さくすみますね。

 

麻酔をしますが、痛みもチクッとするぐらいでメス自体もすぐ終わるので心配することはないです。

 

 

炭酸ガスレーザーも電気メスも傷の治りは早いし、跡も残らないのでほとんど違いはありません。

 

調べてみると、値段もそんなに違いはないですね。

 

 

ほくろ除去におすすめの美容整形外科

ほくろの除去は、病院の形成外科や皮膚科でも受けられます。

 

目立たない※安くほくろを除去できるクリニックはどこがいい?

 

ただ、忙しいのもあり対応は素っ気ない感じなので個人的には美容整形のほうが安心感があります。

 

私の友達も、最初は皮膚科でほくろ除去してもらってましたが、皮膚科のほうがカウンセリングはあっさりしていたと言っていました。

 

 

もし、カウンセリングでじっくり質問したい人や、まだ心の準備ができてない人は、美容外科のほうが丁寧にカウンセリングしてくれるので安心できると思いますよ。

 

美容整形外科を選ぶときのポイント
電気メスか炭酸ガスレーザーの施術をしているところ
カンセリングがしっかりしていて安心できるところ
店舗が多く、通いやすい場所にあるところ

 

目立たない※安くほくろを除去できるクリニックはどこがいい?

東京美容外科

 

ほくろ除去方法:電気メスなど(アブレーションという表記になっています)
費用:1ミリまで3,000円
メイク可能/日帰りOK/当日施術可

半個室でほかの人と顔を合わせることはありません。

 

待ち時間も短く、先生やスタッフさんの説明は丁寧です。

 

あと値段が安いです。

 

大手美容外科のなかでほくろ除去の安さはNo1かも。

 

全国にあるのも通いやすくていいですね。

 

 

※ちょっとわかりにくいのですが、ほくろ除去はトップページの下にある「その他」にあります。

 

目立たない※安くほくろを除去できるクリニックはどこがいい?

 

 

青森 / 秋田 / 仙台 / 東京・赤坂 / 東京・銀座 /東京・新宿 / 長野・松本 / 大阪・梅田 / 広島・福山 / 山口・下関 / 佐賀 / 長崎・諫早
※全ての院で保険適用はやっていません。

 

KM新宿クリニック / KM銀座クリニック

 

ほくろ除去方法:炭酸ガスレーザーなど
費用:1ミリまで 5,000円
メイク可能/日帰りOK/当日施術可

 

新宿と銀座にあるクリニックです。アクセスがよく院内もキレイなクリニックです。

 

最先端のCO2レーザー(炭酸ガスレーザー)がメインで、痛みはありません。

 

一般的なほくろ除去は1万円近くしますが、その半額の5,000円と安いです。

 

予約もとりやすく、都内で通うならこちらがおすすめです。

 

 

新宿 / 銀座

 

聖心美容クリニック

豊胸:アクアフィリング

 

ほくろ除去方法:電気メスなど
ほくろ1ミリ:9,800円

 

ほくろ除去の値段は、上記よりも高いですが精神美容クリニックでは、保障制度があります。

 

ホクロ・イボ除去で、ほくろの再発があった場合、1年間の無料処置があるんです。

 

たまに、皮膚の奥までほくろを取り切れずに再発する人もいるので、この保障精度は助かりますね。

 

 

札幌 / 東京 / 大宮 / 横浜 / 熱海 / 名古屋 / 大阪 / 広島 / 福岡

 

 

 

ホクロ除去をした後はどうなる?

ほくろを除去した後は、テープをはります。貼ったテープは、剥がれたら新しいテープを張り替えます。

 

触ったりはしないこと。でもメイクや洗顔はOKです。それと、紫外線対策はきっちりしないといけません。

 

ほくろ除去の痛みと傷跡

レーザーの場合は、麻酔のチクッとした痛みぐらいです。体質によって赤みが残ったりもしますが、時間が経てばキレイに消えていくのが普通です。

 

保険は適用される?

ほくろ除去は美容になるので健康保険が使えない事が多いですが、一応、保険が使えるかも聞いてみて下さい。

 

そのほうが安く済むので。

 

 

 

 

その他のほくろ除去の種類

炭酸ガスレーザーと電気メスは、小さい1ミリから5ミリ程度のほくろを取るのに適していますが、切開をするところもあります。

 

切開は、ほくろ細胞をざっくり取り除くので「再発の可能性」が少ないのが「切開法」です。

 

切開だと保険がおりる病院もあります。

 

ただ、抜歯するまでかなりの傷跡が残るし、キレイになるまで時間がかかるので友達や会社の同僚にバレちゃうので隠しづらいですね。

 

ちなみに、友達は、韓国の美容クリニックまで施術しにいって、ほくろを取ってもらってました。

 

頬に赤いおできみたいな感じで跡が残っていましたが、また韓国まで行くのも難しいので日本でほくろを除去したほうが良かった・・・と言ってたのでやっぱり日本のクリニックで取ったほうが安心だと思います。

 

あと、日本よりも韓国のほくろ消しのほうが安いとはいえ、韓国は付加価値税という税金が10%かかるのもちょっと気になりました。

 

 

 

 

ほくろを取る前の心境

安くて値段も手頃。ほくろ除去をした後、一ヶ月ぐらいかかりました。治療が安い除去から数ヶほど経っていますが、後悔もしていません。ほくろを取ると赤みがでるひともいます。また、直径1ミリ小さいものや、直径5ミリ以上大きなほくろもあります。ほくろ取りやシミ取りをした人ならおわかりだと思います。私は、手術というほどだいそれたものではなく、クリニックを選びました。皮膚を開きましたが、縫合はせず自然にふさがります。

施術方法は、レーザーにすることがお勧め。くりぬき法もありますが、テープ取りやほかの治療もあります。ほくろに沿って5ミリぐらいまでいけます。小さいものにも適しています。皮膚科では、メイクはしてOKでした。あとは残るよとも言われてしまったのですが、美容目的で施術を受ける場合は後悔ありません。失敗が怖いのが切開切開ですかね。

多くほくろを一気にとった場合にはその数だけほくろ除去テープを貼ることになります。大きく盛り上がったホクロで悩んでいましたが、診察では、親身になって話を聞いてくれて好印象です。皮膚科で相談したは、医師に「(メスで縫合する)になる」と言われました。

レーザーでほくろを取る

レーザーなら跡はほとんどありません。思い切ってレーザーに挑戦すべきでしょう。失敗することもありません。終わったらクリームを塗るので、レーザーによる痛みはまったくありませんからね。ただし、深いほくろ除去は1回のレーザーでとろうとすると料金が高くなるかもしれません。レーザーを数回に分け治療を行なうことをお勧めしています。個人差にもよりますが治療、1ヶつき後には除去痕もほとんどわからなくなります。それと、紫外線や再発のを受けると、再発に除去除去を繰り返し再発することがあるようですね。塗り薬は削った箇所のの再生を促進し、毎日塗布すると肌も生まれ変わります。2週間後、再発に異常が無ければ終了ですね。ちなみに、ほくろを完全に除去すると再発のリスクを抑えられます。もし、 失敗して残存したほくろがある場合、顔のほくろが気になってしまうかもしれません。

ほくろ除去のレーザー治療には、炭酸レーザーと言われるレーザーを用います。かなり目立たなくなり、また凹みが残りづらいというレーザーですね。大きいほくろをくり抜いた場合には料金が高くなります。ふさがる期間もかかるため治療以降のスケジュールは考えておきましょう。2週間後のほくろを除去した状態をみるとお顔の印象が変わる人も多いです。特に、ほくろを気にされている方のほとんどが、1度、顔のほくろの除去をされていることもあり、なおさら肌の負担軽減などのきめ細やかな配慮が求められます。

ほくろを除去

感想ですが、照射箇所の赤みは治療の翌日に比べ落ち着き、治療治療ができてきました。丁寧な縫合で傷あともかなり目立たなくなり、また凹みが残りづらいです。比較(直径が大きなほくろの場合はわかりません。終了後は、肌に負担をかけない程度の粧をお勧めします。エステサロンのしみ取りのようにはいきませんね。長さはほくろの直径の2〜3倍になりますが、小さく、浅いの施術か、除去には、水分含有が多い組織に除去する「炭酸ガスレーザー」を使用するのが一般的です。もし、不快な跡と思われる場合には問いただしたほうが良いです。

水分がレーザーで再発により、何回か除去させることもできます。除去する際は(炭酸ガス)レーザーを使用しますが、にきびがある部分は危ないです。安全にほくろを取ってしまう場合きちとした皮膚科やサロンを選分必要があります。

安全にほくろを除去するためにはどうすればgoodなのでしょうか。照射箇所が何回か、料金が高いかなど再発の可能性も考えます。ほくろで悪性になりやすいのは、ネイルベット(爪の)になる爪をつくる組織にできるものや手の平や失敗の裏にできるものです。ほくろ取りの治療法といえば切って縫っていましたが、最近はレーザーによる治療が主流ですね。除去した跡が滑らかになるように、照射の経過の料金で丁寧に仕上げてくれますよ。

ほくろが多いと老けて失敗る性があると言う人も多いです。現在ほくろを取る方法としてレーザーによる除去治療があります。照射直後は照射箇所のみ赤みがあり、削れているほくろの除去方法については失敗もあります。レーザーは安全性に問題なく施術できる治療法です。先にあげたように大きなほくろやでっぱりのようになったものは早く除去しましょう。

ほくろの治療

ナースが術後の手当の方法を詳しく解説しているサイトも。お年寄りを見ているとほくろやしみが多い人もいますが、いつまでも白くてきれいな肌でいたいですよね。ほくろの再発の心配は少ないのがいいですが、キズが深くなるので、大きなホクロの場合キズを縫いよせる必要があり、キズ痕が目立たなくなるのに時間がかかるのが欠点ですね。施術後は、お肌が敏感な状態になります。

ある医院では、100個程度のホクロ除去のがあります。傷を最小限することはもちろんのこと、傷が治った痕に陥したように見えないように、削り取った傷の角度までに入れ治療を行ってくれるところも。ただしレーザーでほくろを除去した方の中には、跡が残ったと経過に悩む方もいらっしゃるようです。あと改善しにくい「シミ」のお悩みもありますね。その顔を改善することで、気持ちにもよくなります。シミ治療では、施術後から実際にシミが取れるまでに行っていただく、ご自宅でのケアもあります。ほくろの場合は、どの程度の深さに存在しているのかによっても除去の方法が変わってきます。ホクロの大きさ、治療によって手術治療またはレーザー治療(炭酸ガスレーザー)かをするかも選んで治療を行いますからね。あと、にきびや除去、あるいは安いのが大事です。注意点として、傷がふさがってからも、多少赤みが残る場合もあることです。だいたいは、時間が経つにつれて、徐々に赤みも消えていきます。除去した跡が滑らかになるように、照射が丁寧な医院が多いです。赤みを帯びてはいるの、照射箇所が再生してきた例もありますが、炭酸ガスレーザーを照射することで、跡の心配がなく、抜糸のための来跡の必要ないのがいいですね。

 

ほくろを除去したいです。 うちの母と、母側の祖母は 顔にかなり大きく膨らんだほくろがあり 姉も顔に数個ほくろがあります。 きっと遺伝なんでしょうね… 私は顔にはないですが、首に大 きく膨らんだほくろがあり つまんで動かせるほどです。 普段は髪の毛で隠せるから気にしてないけど 髪を結ぶとずっと気になってしまうから結ぶのが好きではないです。 見えてしまうときはコンシーラーや絆創膏で隠していました。 なぜ取りたいかと言うと、ショートカットにしたいからです。 ショートカットにすると首の大きなほくろがどうしても見えてしまいます。

ほくろを除去したいです。うちの母と、母側の祖母は顔にかなり大... - Yahoo!知恵袋

 

 

 

TOPへ